兵庫県丹波市の芦田成人建築設計事務所,木の家,リノベーション,店舗
兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所

Blog

兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所 芦田成人のブログです。

WBC(ワールドベースボールクラシック)に物申す

現在、日本時間の朝、アメリカのアナハイムスタジアムでは日本対アメリカの試合が行われている。問題は3対3の同点の場面での8回表の日本の攻撃の時に起こった。ヤクルトの岩村が打ったレフトフライで3塁にいたランナー、ロッテの西岡がタッチアップ、レフトが投げた送球は大きくそれ、日本が勝ち越し、と余韻に浸っていた次の瞬間、主審が一転、ランナー西岡のタッチアップのスタートが早いと言う事で勝ち越しは認められず、チェンジ、王監督の猛抗議にも判定は翻らずチェンジとなる。

VTRで振り返ってみても微妙ではあるが足はしっかりついている。しかし問題はそう言う事ではなく、真の世界一を決める国際試合で、審判が何故、アメリカ人なの?何故、第三国の人間でないんだ?

親善国際試合ならわかるが、こんなの全く公平性に欠けてるんじゃあないの?いくら審判の判定がが絶対とはいえ明らかにおかしい。

しかし、もっと大きな問題があるのかも、国際間で微妙なルールの違いがあったり、使用球が違ったり、参加国が少なかったりと明らかにサッカーに比べると国際化が遅れているなあと感じる点が多い、だから今この時点ではアメリカのルールの下、審判までメイド・イン・アメリカ?に従わざるを得ないのかもしれない。

アメリカのアメリカによるアメリカの為だけのベースボールじゃあ一向に世界に広まるわけも無く、ホームアンドアウェイ方式の採用、第三国の審判制、使用球の統一など次回以降の大会(今大会はアメリカの魂胆が分かってしまったので半分興味が失せつつあります。)に皆が納得できるルールの下、本当のスポーツとしての国際大会が開かれる事を願いたいです。

未分類Narito Ashida