兵庫県丹波市の芦田成人建築設計事務所,木の家,リノベーション,店舗
兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所

Blog

兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所 芦田成人のブログです。

継ぎ目

先日は「福知山の家」の定例打ち合わせ、現場は内部の大工工事はほぼ済んでおり、内装仕上げを待つのみと言った状態で、現在の工事のメインは外構工事となっています。

又内部では内装工事の第一歩と言う事で石膏ボードの継ぎ目部分の凹凸を処理する為の下処理として、ファイバーテープと言う網状のテープを貼る作業がされていました。

ファイバーテープ

ボードの継ぎ目の部分はどんなに上手くボードを貼っても、多少の凹凸は出ます。そこでこの部分にパテを塗り込んでこすり、出来るだけその段差を目立たなくすると言った仕上げ作業の為の下処理なのですが、これが結構な手間がかかります。何せ薄塗りの場合、仕上がりの平滑精度は、この作業がほぼ100%影響するのですから、下処理と言えども馬鹿にしてはいけません。

特にペンキ塗りの下地となる場合は、まともにこの影響が出ます。

ここ「福知山の家」の場合は珪藻土塗りとなりますが、コテ目荒しの仕上げとなるため、まずは目立ち難い場所で試験塗りをしてから全体にかかりましょうか?と言う事で打ち合わせがまとまりましたが、さて、この作業が続く、これからしばらくは、外部も内部も埃っぽい現場となるでしょう。