兵庫県丹波市の芦田成人建築設計事務所,木の家,リノベーション,店舗
兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所

Blog

兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所 芦田成人のブログです。

羽ありを見つけたら その2

これは4/1の記事の続きです。

 

不謹慎にも、おめでとうございますと言ってもいられませんよね。
申し訳ございません。
図はシロアリの羽アリ(左)と一般のアリの羽アリ(右)の図なのですが
一番見分けがつくのが羽で見分ける方法だと思います。

これらが大量に発生し家の中などを飛び回るので床をめくったりしなくても見つけられる可能性が高くなるのですが、果たして本当にシロアリがいるのかどうか分からないので、どうすればいいのか。

シロアリ駆除をしてくれる業者もいますのでプロにお任せするのがベターなのでしょうけども、おそらく業者はシロアリが居ても居なくても、頼まれれば薬剤を散布する事しか考えていませんし、結構きつい薬剤を使用するので、ご家族に過敏に反応する方が出てくる事も考えられますし、悪徳業者につかまって高い金額を請求されないとも限りません。
殺虫剤は一時凌ぎに過ぎませんので役にはたちません。

出来れば自分の目で床下に潜って確かめるのが一番の方法ですが素人では・・・と言う事で気も進まないかもしれないのですが。
住まいの健康を心配するのなら是非、自分の家がどうなっているのかを知るためにもトライする価値はあると思います、欠陥工事も発見してしまう事もあります。

実は私、独立後もう数十件の家の床下に潜っています。
リフォームの場合は設計する前の調査で床下や屋根裏に、新築の場合は築後の点検、中古住宅の購入検討のためのチェック(基礎の損壊や欠陥工事を発見)、既に御住まいの家のメンテナンスとホウサンを用いたシロアリ防除作業(今はこの業務はやっていません)のために(いずれも業務ですので有料なのですが^^)と経験を積んでいまして、これらの経験を活かし住まいの設計に反映しているのですが、では点検の方法について次回以降で説明して行きます。