兵庫県丹波市の芦田成人建築設計事務所,木の家,リノベーション,店舗
兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所

Blog

兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所 芦田成人のブログです。

有料と無料

先日は、「価値を見出して頂いている方に時間を費やす義務がある」と言うことを書きました。 これは、価値の分からない方には何もしない、と言うことでありません。

会ってお話を伺い、敷地を拝見し、敷地に対する所見をお伝えする。(遠路の場合は交通費程度のご負担を頂きます) リフォームの場合は建物の現況を確認する。但し、調査はしません。あくまでも確認をする所まで

そこまでが企業努力として出来る範囲で、それ以上はプラン作成のための作業となるために有料業務としています。

では、その価値とは何でしょうか?

人の価値観は様々ですので一概ではありませんが、その価値を上手く打ち出した事務所が流行っていると言えます。

いくら設計が上手くても、伝える力が無いと生きていけない世界でもあります。

当事務所でも開設後、暫くはプランを無料でしていた時期もありましたし、1案目だけ無料と言った時代もありました。

正直、その先の仕事が欲しいと言うのが、無料で出来た理由でもあります。現に今も、無料と言う事務所も多く存在します。そのような事務所は、仕事が欲しい、開設後間無しで実績が欲しい、さしずめそのような理由によるものが多いと思います。

同業者が集まった際に、この件について話をすることもありました。

皆さん、それぞれに措置を講じられておられます。一番珍しかったのは、無料ではするけども案を披露するだけで決して図面などを渡すことはしないと言うものでした。

このような事例から考えてみても設計事務所の生命線は設計段階では、「案」なのです。

無料でしていた時代を振り返ると、そこに乗じた奉仕仕事ばかりが重なり、こんなことばかりしていては事務所として成立しないと思いましたし、性悪説で考えると無料でした案をそのまま他所へ持って行き、建ててしまう方がいらっしゃらなくもない。現に、そのような目に遭い裁判沙汰と言う話も聞いたことがあります。幸いにも当方にはそのような事例は無いと信じていますが・・・。(場所は分かっているので、そのような事が起こっていれば自ずと分かりますが・・・)

当事務所の場合、一番多いのはプランを提出しても、その後の返事も返ってこないパターンです。 結局、次から次へと渡り鳥をされていると言う話を別ルートで知ったり

プランが出来た旨を何度となく連絡をして、ようやく連絡がついたかと思うと理由は教えて頂けませんでしたが、家づくりどころでは無くなった。 それなら、それでストップの連絡くらいあってよさそうなものですが・・・

無料であっても最低限のマナーはあります。 このような事例を何度となく経験したことが、プラン有料化に至った経緯でもあります。

幸い、設計契約まで進展していただいた皆様は、このような方はいらっしゃいませんでしたし、皆様はその価値に気付かれて、ご依頼を頂いています。

世の中、無料で手に入るものって何でしょう? 情報ですか? お試しサプリ? オンラインゲーム? 考えれば色々あります。

しかし、よく考えてみて下さいね。 無料で手に入るものの精度はどの程度ですか? サプリメントにしても量もわずかですよね。

最初は無料でも、肝心な所まで来ると、結局はお金を払って手に入れなければいけません。

お金を払うからこそ、本気度が増すと言うこともあります。 そこで義務と責任の関係が初めて生まれる訳です。

私共が、プラン作成に要する日数は実質3週間程、掛かり切りになります。

仮に皆様が3週間ほど、無給で働けと言われれば如何でしょう?

プロの技能を駆使してひねり出す、そんなプランですが、当事務所では1敷地につき2案定度までで5万円の作成料を頂いています。

設計契約にまで、お進み頂いた場合は、その一部として充当しますので損にはなりません。

これはあくまでも作成料であり、プランを買い取る費用ではありませんので著作権は当方にあります。

設計事務所とハウスメーカーや工務店との決定的な違いは「立場」です。皆様の立場に立って、一生に一度の住まいづくりをプロの目でサポート交渉し、工事の良し悪しを判断できる。

ここが一番の違いです。詳しくは私共のウェブサイトにも書いていますので、 こちら をご参照ください。

かなり長くなりました、未だ説明しきれていない部分も多々あろうかと思いますが、そろそろ締めに入りたいと思います。

今回は、お金の話ばかりになりましたが普段あまり触れることがない話題ですので徹底してお話しさせて頂きました。

頭の硬いヘンコな奴と言う印象を抱かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、どの設計事務所の門を叩かれても、一番トラブルとなり易いのが、この問題なんです。

そこを十分に、ご理解頂いた上で設計事務所との住まいづくりをお考え頂きたく思い、敢えてタブー視されている話題に触れてみました。

 

その他諸々Narito Ashida