兵庫県丹波市の芦田成人建築設計事務所,木の家,リノベーション,店舗
兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所

Blog

兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所 芦田成人のブログです。

あたたかな木のすまいづくりのために ~ マンション編 part3 ~

part3は、連載の開始に少し触れました、サッシについてです。 マンションでの暖かさ確保のための検討事項は断熱、そしてサッシですと最初に述べました。

そしてサッシを触るには大きく二通りの方法があります。

一つ目はサッシそのものを性能の高い物に入れ替える方法と、そして二つ目は内側にサッシを追加する方法です。

手軽で安価なのは後者の方法ですが、バルコニーに出るためや外気を入れ替えるために2度アクションが必要となる不便さは否めません。

不便なのは嫌だからと前者を選択する場合、問題なのは専有部分と共用部分の問題です。

屋外に面するサッシは共用部分と判断されることが殆どだと思います。

その場合は簡単には交換できないですし、管理組合での承認も必要となることでしょう。

ですので、どうしてもサッシを触りたいと言うことでしたら管理組合への相談は必ずしておいて下さい。結果、交換不可能なことも考えられます。

そしてサッシを触る場合に、もう一つ課題となるのがバルコニーに面するサッシの場合はバルコニーの防水が絡んでいることも考えられます。

防水層を傷めると下階に影響を及ぼしますので、十分な立ち上がりが確保出来てないバルコニーの場合、サッシの交換は見送る方が賢明でしょう。

設計者や施工業者さんとも十分に相談しながら進めて下さい。

 

さて、説明が前後しましたが何故このような連載を始めたかと申しますと、本来ならプロがきっちりと判断してやっていれば、このような連載はしなくても済むのですが、プロであっても知ってか知らずか、きっちり理解してやっているなあと思えない事例を時々目にするからです。知っているけどもデザインのために、基本的なことを度外視されてしまうと不幸なのは住まい手の皆様です。 ですので、せめてこのブログをご覧頂いている皆様には基本的な知識を持って頂こうとの思いで始めました。これはノウハウの一部であり我々の本当の仕事は、その先の更に細やかな部分を補いながら、心地よい空間をつくることです。どうぞ気長にお付き合いいただけましたら幸いです。