兵庫県丹波市の芦田成人建築設計事務所,木の家,リノベーション,店舗
兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所

Blog

兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所 芦田成人のブログです。

屋根より高い

先週の連休をシルバーウィークと呼ぶのを知ったのは、つい連休前のこと。 そんな連休も明け、またまた「ありがとうの家」の現場定例。

先週今週の頭は、ブログの更新から解き放たれたくなり、間が空いてしまいましたが、又再開です。

さて、ありがとうの家のロケーションは神戸市北区、つまり裏六甲と呼ばれるエリアで、周囲を巡る道路もアップアンドダウンの繰り返し、歩きでの移動には少々応えますが、足腰の鍛錬にはもってこいなのかもしれません。

そんなロケーションを少し紹介。

ロケーション1

この写真には現場は写っていませんが、現場前の道路は車の交通量も多く、路上駐車は近所迷惑と言う事で毎回、近くの駐車場から少しだけ歩いてアクセスしています。

そんなアクセス途中の1枚ですが、写真右手に少しだけ白い柱のような物が写っていますが、恐らく法面までがこちらのお宅の敷地なのでしょうね。敷地をめい一杯に利用するために、このように人工地盤を造成したくましくお住まいが建っています。

このような建て方をしているお宅が、この辺り割合に多く存在します。

この階段を下りて、信号を渡り、暫く行くと現場です。

屋根の上から

そして、こちらが先日の現場。

屋根の上から南西方向を眺めた様子です。足場の支柱が電柱のように見えていますが、実際の電柱は遠方に1本だけ写っています。

低い山が一つあるために残念ながら海は未だ見えませんね。

斜面にへばりつくように建てられた家々を見ていると、人間のたくましささえ感じてしまいます。