兵庫県丹波市の芦田成人建築設計事務所,木の家,リノベーション,店舗
兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所

Blog

兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所 芦田成人のブログです。

ルーフバルコニー

先日、芦田さんの所ではルーフバルコニーは されないのでしょうか?

と言うお問い合わせを頂きましたので、

少し解説させていただきます。

雨や雪の多い地域でのルーフバルコニーは

水が漏る可能性を高めてしまいます。

地域の方達も、その点を良くご存じだと思いますので、

ルーフバルコニーの、ご希望は出てきません。

では、どのようなメカニズムで漏るのでしょうか?

ルーフバルコニーとは屋上を生かしたバルコニーですので

必然的に雨や雪を溜める構造となります。

雨は降水量が少なければ、きちんと排水されますが

しかし降水量が多くなると排水が追い付かなくなり

オーバーフロー若しくは風向きによっては

防水層を超えて躯体との間に入ることもあります。

又、雪の多い地域では

下図のように防水層の立ち上がりよりも

多く雪が積もると、溶けだした水が防水層と

躯体との間に入り、水が漏るような現象を起こします。

従って、我々の住む地域よりも北側では

ルーフバルコニーの家が少ないと言えます。

仮にルーフバルコニーを設けるにしても

直上には屋根があるべきだと思います。

ルーフバルコニー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物見台写真はルーフバルコニーではありませんが、屋根上の物見台の模型です。 天窓を開けると、直接ここに出られるコンセプトです。

-----------------------------------

◆ 編集後記

以前、ここで紹介しました「火山のふもとで」と言う

小説も、残す所僅かとなりました。何だか、どんどん

はまっているのですが、終わりを迎えるのが惜しいけど

最後はどうなるの?と言った感じで最後の50ページほどを

一気に読み進めたいと思います。

-----------------------------------

メルマガバナー

◆ 無料メルマガやってます

ご登録は コチラ からお願い致します。

ニックネームでの登録も可能ですよ。