兵庫県丹波市の芦田成人建築設計事務所,木の家,リノベーション,店舗
兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所

Blog

兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所 芦田成人のブログです。

解析

先日の続きとなる部分もありますが Q値(熱損失係数)を計算してみて分る傾向があります。

ウチで設計させて頂く多くの住まいは屋根面の構造体や垂木が見えています。即ち屋根面は躯体の外側で断熱を考えているのですが、これ熱損失を考える上では意外に難しいのです。性能の高い断熱材を使ってようやく部位別の性能をクリアしていたり、時には屋根面の性能だけでは基準をクリア出来ないけども建物全体でクリアさせると言う、総合評価を下さいないといけない時もあります。

屋根面の性能が少し弱いと言う事は即ち、冬場よりも夏場の熱気が屋根面近くに溜まりやすいと言う事ですので、その熱気を外部に排出するための仕掛けが必要になる訳です。

小さくても高窓を設けると言う手法が最も安価で手っ取り早い方法ですが、他の手法とも組み合わせながらASHIDAスタイルの家は進化し続けます。