兵庫県丹波市の芦田成人建築設計事務所,木の家,リノベーション,店舗
兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所

Blog

兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所 芦田成人のブログです。

ばったりと

住まい手の声 確定申告に行って来ました。

と言っても未だ、相談ですが

下書きは出来ています。

さて、帰ろうと会場の出入口で

ばったり、思いもしない所で

お会いしたのですが、

暫く記憶をたどる時間が必要でした。

「芦田先生」と呼ばれたのです。

私のことを「先生」と呼ぶのは

元生徒さん?

生徒さんの記憶を辿っても出てこない

焦る、焦る

実は、住まい手さんで私のことを

「芦田先生」と呼ぶ方が、ここ最近は

なかったために焦りました。

しばらくすると、先方からお名前を

言って下さったために、

記憶が繋がりました。

 

住まい手奥様だったんです。

顔見て、思い出せよ的な話ですが

髪も長くなっておられましたし、

雰囲気が変わっておられましたし、

何よりも暫く、お会い出来ていなかったので

と言い訳をさせて下さい。

 

「スイマセン」

 

失礼な奴です。

 

実は、こちらの住まい手さんご夫婦とは、

お住まいが完成した直後に、

大阪梅田のロフト前で、ばったりと

お会いしたのです。

京都北部の住まい手さんと大阪梅田で

ばったり、なんて物凄いタイミングの一致です。

そして距離は近くなったとは言え

今日のタイミングも数分違っていれば

お会いすることは無かったはずなんです。

そして、奥様のお母様は私と同じ村に

お住まいで、お母様と一緒に会場に

お見えだったそうです。

未だ、ご縁は繋がっていますね。

 

又、お伺いさせていただかねば。

 

住まい手の皆様、ばったりお会いした際に

失礼がありましたら、お許しください。

アラフィフですから、寛大な心で大目に

見てやってください。

 

そして、これからも宜しくお願い致します。

------------------------------

◆ 編集後記

ここで紹介していました

火山のふもとで」読み終えました。

大きな抑揚は無く、淡々と進行する中で

作者の細かな描写表現力に感銘を覚えます。

後半の虚無な進行が儚さを増しますが

デフォルメの無い実写映画化がされると

いいなあと思いました。

フィクション小説ですが、実在した

建築家とその事務所がモチーフとなって

描かれ、親近感が湧く1冊となりました。

火山のふもとで

-------------------------------

メルマガバナー

無料メルマガのお知らせ

メルマガ開始から2ヶ月が経過しました。

週刊発行は継続中です。

ご登録は コチラ からお願い致します。