兵庫県丹波市の芦田成人建築設計事務所,木の家,リノベーション,店舗
兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所

Blog

兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所 芦田成人のブログです。

試作

ワークショップ課題 丁度、1か月後に予定しています

ワークショップの課題作を試作してみました。

時間の関係で、ここまで完全な形まで

進めるとは思っていませんが

これでもかなり簡素化しています。

 

何故、このワークショップをしようと思ったのか?

建築業界は斜陽産業とも言われていますが

斜陽だ斜陽だと言っていても

先は明るくならないのです。

日本のものづくりの力って凄いんですよ、

特に建築の技術って。

これだけ地震が多い国で、

それに耐え得る建物も沢山あります。

又、木造建築の技術なんて海外の人たちが見ると

よくもまあ、こんな細かな仕事を

とため息をつくほど繊細で柔軟性に富んでいるんです。

そんなものづくりの底辺を少しでも広げることが

出来れば、まだまだいけるんじゃない?

日本のものづくり、と思う訳です。

数組の募集で大きなことを言ってしまいましたが

でも、その底辺拡大の一端でも担うことが出来れば

意味は、あるんじゃあないか、と思ったわけです。

おまけに、誰もがやっているワークショップではないですし

特に設計者でなくとも建築の世界は色んな職種があります。

ものづくりの入り口を紹介できればとの思いで

取り組もうとしている訳です。

 

ものづくりって、今この作業をしているから

この次に何をしないといけないか、と常に先を

読んで作業をするんです。

模型なら、こことここが引っ付くんだから、

どこをどんな形にカットしないといけないのか

と言う事を考えます。

そして完成形を想像します。

部材を裏返しにして表から見て正しくなるように

カットしないといけない時もあります。

 

これ、仕事に置き換えても同じです。

仕事に於いても、先を読む力や

成功を想像する力は必要だと思うのですが

間違いなく、それらの力は養われます。

但し、続けないと意味がありませんよ。

 

今回は、入り口を紹介するに過ぎませんが

続けるか否かは皆様次第です。

 

現在、残席 3 となっています。

参加料も初回特別料金です。

道具や材料などを人数分揃えようと思うと

完全に赤字覚悟なので、

かなりお得な料金であるとは思います。

2回目からは倍以上に上がると思います。

先着順ですので、お早めにお申し込み下さい。

ワークショップの詳細は こちら からご確認下さいね。